たちばなや便り

釣り

久しぶりに釣りに出かけました。
天気にも恵まれ、爽快な気分です。 
正面の山が「温海岳」、
その懐にあつみ温泉があります。

 

   
水平線に浮かぶ粟島の上に雲          鳥海山にも雲がかかっています。

この日の釣果、
早朝から昼過ぎまで、本命は鯛カブラ(疑似餌)を使用しての真鯛でしたが、水温が低く真鯛はまだダメで、クロソイ、カサゴの他、
真鯛1(小さい方)、レンコ鯛1(大きい方)が釣れました。
刺身、煮つけ、塩焼き、どの魚も食べては大変おいしいです。


こちらは後日、夕方から深夜までの電気釣りの釣果、
本命はヒラメでしたが、イワシの群れにブリがついてきて、ヒラメの仕掛けのアジに食いつきます。 1匹はなんとか取り込みましたが、2度ほど切られてしまいました。 ヒラメのそばにあるアジ、20㎝ほどですが、これを泳がせてヒラメを釣ります。


再度電気釣り、
ようやく真鯛が姿を見せ始めました。
それにしても今年はメバルとアイナメが沢山釣れます。
真鯛、ヒラメ、ハナダイ、カサゴ、クロソイ、メバル、アイナメ、マコガレイ、小さなサメまで釣れて、9目釣りになりました。


以前トラフグを釣った時にも書いてくれた
先代調理長の奥様がまた描いてくださいました。

 

| 館主 佐次右衛門の日記.

コメントは停止中です。