たちばなや便り

カルガモの赤ちゃんが産まれました。

 

 

 

  
毎年春にやってきて秋まで子育てをするカルガモ夫婦、今年も春先から来ておりましたが、卵をカラスに食べられて、今年はあきらめておりましたが、
今日、6羽の雛を引き連れてラウンジの前に現れました。
購入済みの鴨用の餌も無駄にならなくてすみそうです。
無事に育ってくれることを願っております。

  ラウンジ前の島で一休み、
 
雛達を天敵から隠してくれるカキツバタやスイレンの葉も順調に茂っております。

 

| 館主 佐次右衛門の日記.

コメントは停止中です。