秋らしくなってきました 

 


あつみ蕪も出始め
  鮭も帰ってきました

毎年思うことですが、ほのかな辛味と甘さ、ガリッとした歯ごたえ、滑らかな舌ざわり、初物のあつみ蕪は本当においしいです。
個人的嗜好としては、甘酢漬けの汁をちびちび飲みながらのお酒もオツなものがあります。
原始的な焼き畑農法で、夏に山焼きをし、そこに種をまいて秋に収穫されます。 来年の2月頃までが旬。
この季節以外にお泊りになられたお客様でから、名物の「あつみ蕪」が出なかったといわれる事もたまにありますが、この季節以外はお出ししておりません。 

鮭は先日から少し上ってきておりましたが、
今朝、川を見てみるとかなりの数を見ることができました。

当館の庭もだいぶ彩づいてきました。
夏の間皆様からかわいがっていただいたカルガモ達も、
そろそろ川に戻って行きそうな気配です。