たちばなや便り

《道標》みちしるべ



| お客様の声

今年もカキツバタが咲きました

 

庭の奥の方ではいつの間にかミズバショウが終わり、
カキツバタが咲いていました。
心地よい季節を迎えております。
 

  

  ラウンジの前の岸辺にも、

  こちらはラウンジの前にある中島のアヤメ。
春先からカルガモの夫婦が来ておりますが、
カラスから卵を食べられたようで、なかなか雛を見せてくれません。
今年はカルガモの子育てを見ることができないかもしれません。

 


| 館主 佐次右衛門の日記

釜房湖/月山の新緑

先日、秋保温泉に行ってきました。
その途中、秋保温泉の近くの釜房湖を通りますが、
天気にも恵まれ、素晴らしい景色でした。


 雪を頂いた峰は蔵王連峰の「屏風岳」。

 

月山の新緑と残雪のコントラストも目に鮮やかです。
      
上段の4枚が月山山中、下段が庄内側(山形県の海側)から見た湯殿山、月山。

 

 


| 館主 佐次右衛門の日記

熊野神社の獅子舞

熊野神社と獅子舞
温海温泉の熊野神社は、温泉街の左手奥にそびえる温海岳の懐に鎮座し、神仏混淆の時代は温海岳熊野権現と称されておりました。
その氏子は、温海岳を取り巻く七ケ村であることから、周辺住民に信仰された山岳神であったようですが、明治二年、熊野神社と改まりました。
獅子頭が奉納されたのは三四〇年ほど昔で、五月二、三日の熊野神社例大祭では荘厳な神歌と太鼓による獅子舞が奉納されます。

 


神歌と太鼓に合わせて舞う姿はいつ見ても素晴らしく見るものを感動させます。
当館でも、毎年お客様とご近所の皆さんが一緒になって獅子舞を楽しみます。


| 館主 佐次右衛門の日記

桜、カワセミ、アメマス。

温海川河畔の桜が咲き始めました。
当館の前に架かる「湯の里橋」の下流は八〜九分ほど、
上流はようやく開花し始めたところです。
あとは天気次第で一気に咲きそうです。 

カワセミ
    
ラウンジの目の前、池の中島にカワセミが2羽やってきました。
写真には1羽しか撮れませんでしたが、とても綺麗です。
4枚とも同じ枝に泊まっているところを撮りました。
左端の写真のどこにいるかわかりますか。
先日はオシドリも来ていたとのことでしたが、その後姿を見かけません。
ひと月ほど前、川からやってきたカルガモは、昨年生まれた子供と思われる7〜8羽、
一緒にやってきてどうなることか心配しておりましたが、今はつがいらしい2羽だけになりました。 産卵の準備に入ったようです。

アメマス(52㎝)
当館屈指のアングラー、調理部の阿部君が釣ってきました。精悍な姿です。
毎年今の季節はサクラマスを追いかけてますが、サクラマスは今年すでに2本、留守にしていて写真を撮らないでしまいましたので、2年前に彼が釣ってきた特大ニジマス、以前にも紹介いたしましたが、再度掲載します。
ニジマス(箱の内寸60㎝)


| 館主 佐次右衛門の日記

池之端の花々も咲き始めました。

 

池之端のミズバショウ、リュウキンカ、
ユキツバキも遅ればせながら咲き始めました。

    

   
   
水もぬるみ、鯉たちも動き始めました。 カキツバタの葉もかなり伸びてきました。

 


| 館主 佐次右衛門の日記

《道標》みちしるべ


| お客様の声

梅が咲きました

 

 

庭の池の端、
梅が咲き始めました。

中庭の奥の方にある紅梅です。

  
ラウンジの奥の方から見える井筒の両側には枝垂れの紅梅、白梅があり、
これが咲くともうすぐ桜が咲き始めます。 右の写真の背の高い木は「啓翁桜」。

  
井筒の手前が白梅、奥の方が紅梅。

 


| 館主 佐次右衛門の日記

《道標》みちしるべ


| お客様の声

《道標》みちしるべ


| お客様の声