江戸時代より受け継がれた時代雛まつり「鶴岡雛物語」

画像参照:やまがた庄内観光サイト(https://mokkedano.net/)

 

“徳川四天王”の筆頭でもあった、
酒井忠次公が治めた城下町、鶴岡。

鶴岡では江戸時代、参勤交代によって京の都から
北前船で運ばれた雛人形や雛道具が、酒井家をはじめとする
旧家によって、代々大切に受け継がれてきました。

今回で第29回を迎える「鶴岡雛物語」は、
鶴岡の歴史を辿るこれらの時代雛や、
徳川家や細川家から輿入れした姫君たちが持参した
優美な雛道具等をご覧いただけるこの季節の恒例イベント!

期間中は市内各所で貴重な享保雛をはじめ、
有職雛(実際の公家社会の礼式に基づいた装束の雛人形)や
古今雛、芥子雛(ミニサイズの雛人形)など、
秘蔵の雛飾りが展示されます。
現代のお雛様とはまた異なる世界をぜひご堪能ください。

画像参照:やまがた庄内観光サイト(https://mokkedano.net/)
画像参照:つるおか観光ナビ(https://www.tsuruokakanko.com/)

 

ちなみに、鶴岡の雛祭りで、
お雛様と共に欠かせないのが伝統菓子の「おひな菓子」。

無病息災、子孫繁栄、子どもの健やかな成長を願い、
独自の発展と菓子職人の技術が継承されたきた
「おひな菓子」は鯛や海老のほか、桜鱒、庄内柿、
伝統野菜の温海かぶ、民田なす、その他サクランボなどなど。

鶴岡の特産物を生菓子でかたどった、見た目もキュートな姿は
この季節の鶴岡土産としてもおすすめの数量限定品です。

展示施設の中には、菓子作り職人に教わりながら
この「おひな菓子」作りができる
体験イベントも開催されています。
興味のある方はぜひ、参加してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、鶴岡の雛飾りは男雛と女雛の飾り方が逆。
これもまた、京の都から伝わったもの。
そんな伝統もまた、歴史を感じる楽しみのひとつです。

まだまだ寒さ厳しい鶴岡で
芽吹きの季節に想いを馳せながら
春の節句を華やかに彩る雅びなひとときを
ゆったりとご満喫くださいませ。

 

■「第29回 鶴岡雛物語」
期間/令和5年2月23日(木)~4/9(日)

 

▽詳しくはコチラ
https://www.city.tsuruoka.lg.jp/kanko/kankou-event/bussantsuruhina.html

 

12年分のご利益! 令和5年は月山神社の御縁年です

明けまして、おめでとうございます。
本年も、たちばなやに変わらぬご愛顧の程、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ご存じのとおり、
ここ庄内は修験道の聖地、出羽三山のお膝元。

神聖な気持ちで迎える新年は
冬の寒さもあいまって一段と身の引き締まる思いがします。

羽黒山・湯殿山とともに「出羽三山」をなす、月山。
その山頂に鎮座する月山神社は、
明治維新以降、それまでの「延喜式」に代わり、
新たに神社を等級化した「近代社格制度」において
東北唯一の旧官幣大社(※)とされ三貴神のひとつ、月読命を祀っています。

 

今年の干支でもある兎は、実はこの月山神のお使い、月の精とされ、
悪運から逃れる力があると伝えられています。

つまり卯年は12年に一度の月山の“ 御縁年 ”。
この“ 御縁年 ”に参拝すると12年分の御利益があるそうです!

例年、冬のこの時季は、春とは無縁の深い雪の中に閉ざされた月山。
月山の山開きは毎年7月7日です。

出羽三山の主峰でもある山頂からは庄内平野をはじめ、鳥海山、朝日飯豊連峰、
さらには遠く岩木山や八幡平までを望む大絶景が広がります!

周囲は磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、
山頂では阿弥陀ヶ原と呼ばれる美しい池塘群(池沼)や庄内町の花であるクロユリ、
本州では月山と尾瀬にしか自生していないというオゼコウホネなど、
珍しい希少な高山植物にも出会えます。

ちなみに月山は7月下旬までスキーが楽しめるため、
夏でも登山靴や防寒具など、本格的な登山装備が必要です。

12年に一度の今年はぜひ、庄内の旅の目的に
月山詣でを計画してみてはいかがでしょうか。

 

※祈年祭・新嘗祭に国から奉幣を受ける官幣社。大社はその中でも最上格。

【年明けも延長決定!】全国旅行支援「やまがた旅割キャンペーン」

現在、実施中の全国旅行支援「やまがた旅割キャンペーン」について
年明けの2023年も期間延長が決定いたしました!!

年明け以降のご利用については割引率が変更となります。
ご利用の際はご注意くださいませ。

これからの季節は日本海の冬の幸も一段と冴えわたり、
燗でいただく地酒もおいしい季節です。

【東館】【西館】の和室タイプのお部屋には、冬季限定で“堀りごたつ”も登場いたします!
風流な雪見温泉とともに、季節だけの楽しさをほっこりとご満喫くださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


■ご利用期間
2023年1月10日(火)~2023年3月31日(金)
※予約受付は12月16日(金)から


■内容
お一人様最大3,000円OFF(交通付宿泊商品の場合は最大5,000円OFF)
県内の加盟店でご利用いただける「地域限定クーポン」付 
 平日:2,000円
 休日:1,000円
 ※地域限定クーポンは原則として電子クーポン
 ※宿泊でのクーポンの有効期限は8日間(チェックイン日を含む)

■対象者
日本国内居住者で、ワクチン接種歴(3回以上)、
またはPCR検査等で陰性確認が出来ること。
ただし、山形県内にお住まいの方の山形県内旅行については、
ワクチンを2回接種済み(14日以上経過)の場合も対象となります。

■ご注意
2022年12月27日(火)までのご宿泊についてはこれまでと同じ割引率(お一人様最大5,000円OFF/交通付宿泊商品の場合は最大8,000円OFF)でご利用いただけます。
2022年12月15日以前に行った2023年1月10日以降の宿泊予約については、割引対象外となります。

▽全国旅行支援「やまがた旅割キャンペーン」
https://yamagata-ryokououen.com/

 

▽ご予約はこちら
https://reserve.489ban.net/client/tachibanaya/0/plan

たちばなや四季の会席料理のご案内-令和4年”冬”の会席料理-

 

いつも当館をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

たちばなやのお料理は、四季替わりでお届しております。
今月から下記の期間、ご夕食は『冬の会席料理』でご提供いたします。


【冬のお料理期間】2022年12月1日~2023年2月28日迄

 

恒例の企画となりました、たちばなや季節の特別料理企画。
「季節の華やぎ会席」は、食の宝庫、庄内の豊かな山海の旬味を冬のあしらいとともにご賞味いただく人気の定番会席です。
離れのお客様限定でお届けしている「たちばなや会席」は、目利きの料理人がその季節にこそ召し上がっていただきたい食材を選び抜いた当館最高ランクの特選会席です。厳寒の日本海から届く身の締まった海の幸、またたっぷりと栄養を蓄えた里の幸を一堂に会した美食づくしが自慢。同じ風土で育まれた相性抜群の地酒とともに冬の庄内を旅する口福をお届けいたします。

 

四季の会席料理「季節の華やぎ会席」

スタンダードな四季の会席料理「季節の華やぎ会席」
山形が誇るトップランナーの贅沢食材をメインにご用意した当館自慢の定番会席です。冬ならではの滋味に笑顔も弾むひとときをお楽しみくださいませ。


(献立内容)計13品
食前酒・口代り・酢の物・お凌ぎ・お造り・焼物・蓋物・強肴・揚物・お食事・留椀・香の物・水菓子

△口代り:旬の彩り前菜 焼物添え
季節の食材で仕立てた前菜には、本場一霞産の赤カブを使用した彩り鮮やかな「なます」など、当地ならではの味わいもご用意いたしました。味噌の香りも香ばしい地魚の西京焼きと共にお楽しみください。

△酢の物:本ずわい蟹の二杯酢添え
冬の味覚と言えば「カニ」!冬の逸品には本ずわい蟹をご用意いたしました。カニの旨みと甘みと引き立てる二杯酢と一緒にご賞味ください。

△お造り:庄内浜の鮮魚盛り合せ
庄内浜で水揚げされた鮮魚の盛り合せは、地魚ならではのプリプリと身の締まった歯ごたえもおいしさのひとつ。庄内が誇る冬の日本海の幸をたっぷりとお届けいたします。

△揚物:山形牛のカツレツ 特製ゴマダレ添え
国産和牛山形牛のモモ肉をジューシーかつ食べ応えも贅沢な大きさにカットし、カツレツに仕立てたボリューミーな逸品。特製のゴマダレでお召し上がりください。

 

 

▼「季節の華やぎ会席」プラン詳細・ご予約はこちら
https://reserve.489ban.net/client/tachibanaya/0/plan/id/29378/stay?noSearch=1

 

食の都、庄内の真骨頂とも言える冬の膳は、たっぷりの栄養をその身にたくわえた素材が旨みを競いあう美食の饗宴。海と山が時をかけて育てた恵みに感謝しつつ、一年の総括のように味わう滋味は冬の体にそっと染み渡る美味しさ揃いです。ほころぶ笑顔に何度も杯を重ねながら、冬の旅に集う贅沢をお楽しみくださいませ。

 

 

 

最高ランクの「たちばなや会席」

【離れ】環翠荘のお部屋をご利用のお客様にお届けする「たちばなや会席」
料理長こだわりの厳選素材による特選会席です。個室食で味わう優雅な美食のひとときをおもてなしいたします。


【冬のお料理期間】2022年12月1日~2023年2月28日迄

 

(献立内容)計13品
食前酒・口代り・酢の物・お凌ぎ・お造り・焼物・強肴・蓋物・台の物・お食事・留椀・香の物・水菓子

△口代り:旬の彩り前菜 焼物添え
季節の食材で仕立てた前菜には、お酒と一緒にお楽しみいただける味わいを取り揃えました。香ばしい西京焼きの地魚や本場一霞産の赤カブを使用した「なます」の彩りが食指をそそる、冬の滋味をご賞味ください。

△お造り:庄内浜の鮮魚盛り合せ
庄内浜で水揚げされた鮮魚の盛り合せは、地魚ならではのプリプリと身の締まった歯ごたえもおいしさのひとつ。庄内が誇る冬の日本海の幸をたっぷりとお届けいたします。

△焼物:日本海名産 のど黒の姿焼き
日本海産の脂の乗ったのど黒をシンプルな素材の旨味を引き出す塩焼きでご用意いたします。「白身のトロ」とも称されるのど黒の脂の旨さをご賞味ください。

△強肴:山形牛ヒレ肉の香味焼き ワサビと藻塩添え
山形牛の上質なヒレ肉をステーキでご用意いたしました。牛肉の旨味を最大限にお楽しみいただける、日本海産の藻塩とワサビでお楽しみください。

△台の物:活鮑踊り焼き 陶板仕立て
日本海の活鮑を、豪快な踊り焼きでお楽しみいただきます。酒塩の昆布出汁を使い、陶板の上で波を打つように踊る姿はまさに産地ならではの演出。焼き上がりにバターを乗せてお召し上がりください。

 

▼「たちばなや会席」プラン詳細・ご予約はこちら
https://reserve.489ban.net/client/tachibanaya/0/plan/id/29379/stay?noSearch=1


食の都、庄内の真骨頂とも言える冬の膳は、たっぷりの栄養をその身にたくわえた素材が旨みを競いあう美食の饗宴。海と山が時をかけて育てた恵みに感謝しつつ、一年の総括のように味わう滋味は冬の体にそっと染み渡る美味しさ揃いです。ほころぶ笑顔に何度も杯を重ねながら、冬の旅に集う贅沢をお楽しみくださいませ。

 

館内の花


当館ではラウンジの一輪挿しから本格的な活け花まで、
館内の要所要所に花を活けてお楽しみいただいております。

当館のお庭の紅葉は、これからが見頃です

原始的な焼き畑農法で夏に山焼きし、
そこに種をまいて秋に収穫される真っ赤な「あつみ蕪」。

庄内名物としても知られる、このカブラ漬けの初物が市場に出始め、
目の前を流れる温海川に鮭の遡上が見られるようになると
あつみの秋もいよいよ終盤戦。
当館のお庭もこのところの寒さで、ぐっと色づきを増してきました。

木々が紅葉のピークを迎える11月は
ご到着されたお客様の多くが、ラウンジ正面に広がる
この景色を足を留めて楽しまれます。

歩いて楽しめる池泉回遊式庭園の秋は
季節をより身近に感じることができ、とても詩情豊か。
一陣の風に水面を揺らす落ち葉や、
折り重なるように中島を彩るモミジ。

機敏だった錦鯉の動きも水温の低下とともに
どこかゆったりとして、とても優雅です。

窓枠や障子に額縁のように切り取られた
離れから眺めるお庭の景色も絵画の世界。

残念ながら、可愛らしい姿を見せてくれているカルガモ達の姿も
お庭で見られるのはあとわずかとなります。

心で聴く音楽のように賑やかで静かなこの景色を
身に沁みる温泉のぬくもりとともに
ぜひ、ゆったりとお楽しみいただけたら何よりです。

秋です



フロントカウンターの上も実りの秋らしく。

当館の前を流れる「温海川」、河畔の桜も、奥にそびえる温海岳も少し彩づいてきました。 
そろそろ鮭が上ってくる頃です。

当館から車で15分ほど南に走ると源義経が平泉に下る途中上陸したといわれる鼠ヶ関です。
鼠ヶ関港の夕暮れを見ていると南下する白鳥の声が聞こえてきました。

上の写真のような群れが次から次へと何組も飛んできます。
すごい数です。

全国旅行支援「やまがた旅割」がスタート!

10月11日(火)より、全国旅行支援
「やまがた旅割」キャンペーンがスタートいたしました。

季節は山々が色打掛のような彩りをまとう錦秋。

食膳には鮮度抜群の日本海の海鮮をはじめ、
食の都、庄内自慢の新米や
たわわに実った秋の美味が満載です!

朝夕の清涼さの中で楽しむ露天風呂も
これからの季節の愉快な醍醐味。

待ち焦がれた旅の喜びをどうぞ、
当館でゆったりとお過ごしくださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


■ご利用期間
2022年10月11日(火)~12月20日(火)

■対象者
日本国内居住者で、ワクチン接種歴(3回以上)、
またはPCR検査等で陰性確認が出来ること。
ただし、山形県内にお住まいの方の山形県内旅行については、
ワクチンを2回接種済み(14日以上経過)の場合も対象となります。

 

▽全国旅行支援「やまがた旅割」キャンペーン
https://yamagata-ryokououen.com/


▽ご予約はこちら
https://reserve.489ban.net/client/tachibanaya/0/plan

婦人浴場露天風呂のアマカリスに花が咲きました

婦人大浴場の露天風呂を取り巻く池のアマカリス(水草)、
春先に数株入れたのですがいつの間にか増えて、すごい繁殖力です。
先日見に行ったら白い可憐な花が咲いていました。


水も浄化するのでしょうか、とても綺麗になり、金魚たちも居心地良さそうです。

久しぶりの釣行

佐次右衛門の日記、だいぶ間が空いてしまいました。

暑い日が続き、しばらく海は控えていましたが、
少しばかり気温も下がってきたので、久しぶりの出漁です。
沖に進むにつれ、北側の陸地の陰から「鳥海山」が姿を見せます。

いつものように南に「粟島」北に「鳥海山」
(上の写真、左が粟島、右が鳥海山)、
陸地を見れば「温海岳」、
その懐に「あつみ温泉」があります。

 

 


水平線には蜃気楼。
真鯛ねらいだったのですが、5目釣りになってしまいました。